『25ans』(ヴァンサンカン)は、ハースト婦人画報社が発行し、講談社が発売している女性向けファッション雑誌である。毎月28日発売。

25ans(ヴァンサンカン)

 1980年4月に創刊された。誌名はフランス語で「25歳」を意味し、「社交界に身を置く20代以上の『お嬢様』」が対象とされている。創刊初期は「婦人画報」を購読する富裕層家庭の子女を主なターゲットと想定した。「CLASSY.」(1984年~)や「miss家庭画報(→MISS / MISS plus+)」(1989年~2013年)と共に「お嬢様系雑誌」として知られ、1980年代後半に始まるバブル景気時代に人気を獲得した。上記2誌が一般OL向け路線にシフトした現在は、より「お嬢様」カラーを強め、富裕層の女性に向けた海外旅行や欧州の社交界に関する記事を多数掲載している。

「今の時代のゴージャスを体験するための情報を発信する、インターナショナル・ラグジュアリー・マガジン」をスローガンとし、「ラグジュアリー系雑誌」もしくは「ゴージャス系雑誌」の代表格として高い人気を持ち続けている。2013年1月号(2012年11月28日発売)で発売400号目を迎えた。ジャンルは「ゴージャス系」と説明されることが多い。ファッション、ビューティ関連以外にも、旅行、リフレッシュ、社会奉仕など、富裕層のライフスタイルに関する記事を幅広く掲載している。

掲載商品の大多数が欧州の名門ブランドの商品であるほか、ロケ地にも海外のリゾートや有名観光地を多数起用している。モード界の最新コレクションに関する情報も充実している。ファインジュエリー、高級時計に関する記事も、女性向けのファッション誌としては多くみられる。

2013年12月号(同年10月28日発売)まで、目次が「婦人画報」に見られるような3枚折り(目次対向の広告面があり、2ページ相当)で、裏側3ページも広告面となっていた。2014年1月号(2013年11月28日発売)から一般的なスタイルとなり、目次直前の広告面は目次対向+その手前の見開きで3ページ単位で出稿されている。3ページ単位の広告枠は、いずれも宝飾品・時計ブランドが出稿していることが多い。

特集のタイトルなどで、キャッチフレーズとして「エレガントな女性」を略した「エレ女」( - じょ)を用いている。また、誌面に登場する少女漫画アイコンは柏屋コッコ作画のバーチャル読者モデル「綾小路麗華」。


パリコレクション

「パリ・プレタポルテ・コレクション」は3月に秋冬コレクション、10月に春夏コレクションが2週間前後の日程で開催発表される。また「パリ・オートクチュール・コレクション」は1月に春夏コレクション、7月に秋冬コレクション、男性服コレクションも同じく2月と7月に開催される。これらを総称して「パリコレ」という。

数多くの意匠家が独創性を重視した新しい作品を発表し、世界各国の報道関係者、ライター、フォトグラファーなどのメディア関係者や、バイヤー、スタイリストなどのアパレル業界関係者、その他芸能人、時に政治家などが開催時に招待客として前列に並ぶ。その他、特に有名意匠家のメゾンにおいては、世界的な著名人や重要人物顧客人などが招待される為に、実際には一般の人々が直接会場で見ることがとても難しい状況である。

世界の有名なプレタポルテの蒐集は主にニューヨーク・ロンドン・ミラノ・パリの4カ国4都市で開催される。多い時には各国から参加する意匠家を合わせて総勢200近いメゾンが参加する。なかでもパリ・コレクションは世界的にも一番に規模が大きく、その年の服飾の流行が左右されるため注目度は非常に高い。

パリ・コレクションは84年、ルーブル美術館中庭に特設天幕を設営しそこを拠点会場として、一定期間にまとまった形で衣装展覧会が開催されていたが、1998年頃からは銘柄ごとにルーブル美術館内の地下会館や独自に会場を設けるメゾンも多くなった。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ニューヨーク・コレクション

ニューヨーク・コレクション (New York Fashion Week) は、1962年にアメリカン・デザイナーズ協議会 (CFDA) が発足されて以来、ニューヨークで開催されているプレタポルテのコレクションである。

他のコレクションに比べ、現実の生活を意識したキャリアのための実用的な服が多いのが特徴である。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ロンドン・コレクション

ロンドン・コレクション (London Fashion Week) 、イギリスのロンドンで開催されているプレタポルテのコレクションである。

ロンドンは1960年代のモッズやミニ、1970年代のパンクの地である。そのため、若者のストリートファッションとの関連が深い。1980年代に始まったデザイナーのコレクションは一時、集客力を失ったが、1990年代に入って再び注目され始めた。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ミラノ・コレクション

ミラノ・コレクション(Milan fashion week)とは、イタリアのミラノでミラノ・モーダ・ウォーモ (メンズ)、ミラノ・モーダ・ドンナ (レディース)のそれぞれ夏と冬の年2回ずつ開かれる服飾ブランドの新作発表会の総称である。

1976年以来、ミラノで開催されているコレクション。数々のデザイナーが新作を発表し、宣伝のために主にバイヤーやジャーナリストやカメラマンを招待する。ビジネスの場なので、一般の人々は基本的に見ることは出来ない。

パリ・コレクションの前の週がミラノ・コレクションという日程が組まれている。

有名なプレタポルテのコレクションは他にニューヨーク・パリ・ロンドン・東京で開かれるが、100以上のブランドが参加するパリ・コレクションが一番規模が大きく、その年の流行が作られるため注目度は非常に高い。

常設会場が国際見本市会場に隣接して作られるが、ブランドごとに独自に会場を設けることも多い。

関連するコレクションには、国際生地展であるモーダイン(MODAIN)、靴カバンのコレクションであるミカム(MICAM)など多数存在する。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

東京コレクション

東京コレクション(とうきょうコレクション)は、プレタポルテ(高級既製服)ブランドが新作を発表する場として東京で年に2回開催されるファッションショー(コレクション)。世界四大コレクションの次席に位置づけられている世界的なコレクションのひとつである[:en][:en]。1985年に日本の代表的なデザイナー32名によって創設された東京ファッションデザイナー協議会(略称:CFD)が中心となり発足した。

毎年春と秋の2回、パリを皮切りにミラノ、ロンドン、ニューヨークで世界的なコレクションが続けて開催され、シーズンに先がけて新作が発表される。4月と11月に開催される東京コレクションはその最後を締めくくる。

年2回のファッション・イベント全体を「コレクション」と呼ぶのは日本だけであり、世界的には"Fashion week"と称するので、東京コレクションも英語名は"Japan Fashion Week(in Tokyo)"である。

近年では海外のデザイナーや新人の台頭により参加者が増え、100を超えるコレクションが開催されている。

2006年には「東京発 日本ファッション・ウィーク」(通称「東京ファッション・ウィーク」、略称:JFW)という総合ファッションイベントの中核として生まれ変わった。近年ではCFD東京コレクション、若者中心のブランドを扱う東京ガールズコレクションなども開催され、ファッション・ショー業界も多様化されてきている。2011年から2016年まではメルセデス・ベンツが、2017年からはアマゾンジャパンが冠スポンサーを務める。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

神戸コレクション

神戸コレクション(こうべコレクション)は、例年、兵庫県神戸市にて開催されている、リアル・クローズを対象としたファッションショーおよび音楽のイベントである。神コレ(こうコレ)と略されることがある。

初公演は2002年(平成14年)8月31日。リアルクローズ対象のショーため、春開催はS/S、秋開催はA/Wとなっている。現在は東京ガールズコレクションといった類似イベントが日本全国で開催されているが、神戸コレクションはリアルクローズ対象のファッションイベントの先駆けとなったショーである。

かつては東京公演も行われていたが、2012年(平成24年)に開催10年を向かえたのを機に東京公演は『東京ランウェイ』(TOKYO RUNWAY) へと進化独立している。

パリやミラノなどで開催されるファッションショーが、高級メーカーの服飾デザイナーによる新作発表を目的としてバイヤーやジャーナリストなど、業界関係者のみを対象とするのに対し、神戸コレクションは、メーカーの新作発表だけではなく、セレクトショップや若いデザイナーの意匠発表の場を兼ねている。また、流通業者の小売促進や美容業の宣伝も目的に含むファッションイベントである。よって、10代から20代の若い女性を集客するという特徴があり、放送だけではなく、ブログサイトや携帯サイト、インターネット配信も行われている。

小売客への宣伝と販売を目的とするイベントは、個社レベルでは以前からあったものの、若いデザイナーの発表の場を提供したり、多数のメーカー、マスコミ、流通業者等の協働による、消費者参加型のファッションショーが定期的に開催されるのは、神戸コレクションが最初である。なお、新人デザイナーに広く門戸を開放している点では、大阪でのファッションショーが1987年から毎年開催されている。

神戸のアパレル業の知名度の高さや阪神間の良家子女に見られたファッションスタイル(阪神間モダニズム・神戸系ファッションを参照)が女性誌によく紹介され、独特のファッションとして認識されている背景が、イベント発展の一助となっている。

2006年秋・冬開催以降、神戸をさらなるファッション都市として盛り上げる試みとして神戸ファッションウィークが連動して開催されている。

2007年には、初の海外公演として上海公演が開催された。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ファッションショー

服飾は立体的であり、光の加減や着る者のプロポーション、あるいは着て動いた場合に見え方が異なるため、陳列棚に並べるよりはマネキン人形に着せた方が、さらに、マネキン人形に着せるよりは人のモデルに着せた方が、顧客にとって自分が着た場合をよりイメージし易い。そのため、ターゲット顧客層を集めて、売り手側が売りたい服を着せたモデルを次々提示するファッションショーが開かれる。

国際的なファッションショー(fashion week)に出演するスーパーモデルと呼ばれるファッションモデルは高身長であることが求められ、人種構成は白人が圧倒的多数を占めている。

ファッションショーでは、予め選ばれたモデルが売り手側が用意した服を着て、観客席に挟まれた細長い舞台(ランウェイまたはキャットウォークと呼ばれる)を音楽に合わせて歩いたりポージングしたりして服を表現する。観客の注意を服に向けるためモデルは無表情を貫くのが普通だが、その不文律は山本耀司や川久保玲などの日本人デザイナーが台頭した1980年代初頭からのことと言われている。

ファッションショーは、エンゲル係数が小さく、可処分所得が多い上流階級に向けて行われていたためオートクチュールから始まるが、戦後は先進国において新たに生まれた富裕層に向けてプレタポルテのファッションショーも開かれるようになった。

その後、先進国において増大した中産階級に向けて服飾市場が拡大するが、その需要には大量生産により供給されるため、ファッションショーは卸売や小売業者に対する「新作発表会」などの形で行われ、末端の消費者には、ファッション雑誌においてファッションモデルに、あるいは、テレビ・映画などにおいて俳優やタレントに、売り手側が売りたい服を着せて提示する手法が主流になった。一方、オートクチュールやプレタポルテのファッションショーは、中産階級にとっては実際に購買する対象ではなく、すなわちそれらの売り手側にとっては顧客ではないこともあって、ファッションデザイナー及びファッションブランドの(芸術)作品発表の場、あるいは、中産階級の服の流行の発信源などと見られるようになる。

2000年代に入ると日本では、中産階級の若者向けの服(リアル・クローズ)を対象としたファッションショーが、有料の興行として成立し始めた。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ファッションモデル

ファッションモデルには、大きく分けて以下の三種類がある。

1.ハイファッション:主には海外、国内の有名ファッションブランドをイメージとする媒体を言う。コレクションのショーや、ファッション雑誌など有名ブランドの広告キャンペーンなど(化粧品、ジュエリー、なども含む)がある。
2.コマーシャル:テレビCMや、ブランド広告(ポスター、カタログ、パンフレット、などを含む)など。
3.パーツ:主に手や足、脚などの部分箇所ごとの専門モデル。身体の一部分に飛び抜けた魅力が要求される。

雇用形態としてはモデル事務所への所属や他のマネジメント会社に所属している。よく雑誌の専属モデルと言う言葉を耳にするが、実際にモデル個人が直接、デザイナーや出版社と契約を交わしていることは無く、全てはマネジメント会社を介しての契約となる。ファッション業界は流行がとても早いため、ファッションモデルの寿命は5年から長くて10年程度だと言われており、その後は女優やタレント、デザイナーなどへの転身をはかる者も多い。

1990年代中頃までにデビューした、卓越した世界的知名度とトップデザイナーとのキャリアのあるファッションモデルが、スーパーモデルと言われている。スーパーモデルの人種比率は、白人が多数を占め[1][2]黒人やモンゴロイドの比率は低い。

日本のファッション雑誌では、1990年代以降ストリートの流行をすばやくキャッチし制作コストを下げる目的もあり、ストリート系のファッション誌を中心に、プロのモデルではなく街頭スナップや読者モデルを多く取り入れる傾向にある。このためモデルは出演料の低下に悩むことになり、プロフェッショナルモデルの減少に繋がった。

ブランドのコレクションショーなどに出演するモデルは、通常175cm以上の高身長である。雑誌に関しては身体のバランスがよければ特別な身長の高さは求められないが、170cm前後を満たしているモデルが多い。また、雑誌、CMのモデルなどにはカメラの前での動きのよさや、いわゆるフォトジェニックであることも要求される。日本国外においていわゆるハイファッションの仕事をこなすモデル達は、ほとんどの場合これらの条件をクリアしている。

パーツモデルの場合は身体の一部分にのみに特別な美しさが要求されるため、全体的な身長やプロポーションは全く問われない。ただし、モデルとなるパーツに傷をつけたり怪我をしないように、日常生活においての細心の注意を払っている。「手タレ」「足タレ」などという呼称は彼、彼女らがタレントではなくモデルであることから、ふさわしい呼称とは言い難く、本人達もこれを嫌う傾向がある。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

スーパーモデル

スーパーモデルとは、ファッションモデルの中でも特に有名で、世界的な知名度と破格のギャランティーを誇るモデルを指す言葉。「スーパーモデル」という言葉は1990年代に広く知られるようになり[2]、数百万ドルの報酬と引き換えに有名高級ブランドのオートクチュールや、商業広告に登場することが多い。またスーパーモデルは世界中の雑誌の表紙を飾る機会が多いが、これについてスーパーモデルと広く認知されているモデルの一人であるクラウディア・シファーは「スーパーモデルになるためには、誰もがその子の存在を知りえるように、世界中の雑誌の表紙を常に飾り続けなければならない」と述べている。

現在、高級ブランドはモデルよりも歌手や女優を多く起用しているが、アメリカのランジェリー会社ヴィクトリア・シークレットは若いモデルを積極的に起用している。ヴィクトリア・シークレットは年末にアメリカの地上波でファッションショーが放送されるために一般人への露出度も高く、その中でも「エンジェル」と呼ばれるモデル契約をすると大々的に宣伝に用いられる。過去にはハイジ・クルム、タイラ・バンクス、ジゼル・ブンチェン、アドリアナ・リマ、アレッサンドラ・アンブロジオに加えて、カロリナ・クルコヴァ、ミランダ・カー、マリサ・ミラー、ドウツェン・クロースなどもエンジェルであった。

また一部では、ジゼル・ブンチェンが、近いうちにクラウディア・シファーのようなスーパーモデルとしての地位を獲得することができるただ1人のモデルであると主張しているが、アメリカ版『ヴォーグ』では、2007年5月に10人のモデル(ドウツェン・クロース、ヒラリー・ローダ、ラケル・ジマーマン、ジェシカ・スタムを含む)を新しいスーパーモデルだと定義した。またクリスティ・ブリンクリー、クリスティ・ターリントン、リンダ・エヴァンジェリスタといった「昔のスーパーモデル」たちは、有名人や若いモデルたちへの挑戦の意味も込めて、モデル業界に復帰している。

スーパーモデルの人種比率は、白人が多数を占め 黒人やモンゴロイドの比率は低い。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ファッションデザイナー

ファッションデザイナー(en:fashion designer、fr:styliste)とは、デザイナーの中で、服飾・ファッション分野のデザインを専門とする者を指す。特に、ファッションショー等に出展する者の職業名ではなく、実際にはこれらに無関係の、企業専属のアパレルデザイナーや、インディーズのデザイナー、フリーのデザイナーなど、多岐にわたる。彼らは一部を除き、一貫してデザイン画を描いたりするなど、実際に裁縫をすることは少ない。なお、服の完成や、商品の売上について責任の一端を負う場合も多い。映画や舞台などにおける衣裳をてがけるデザイナーは、衣裳デザイナーと呼ばれる。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

和服

和服は、文字通り「和」の「服」、すなわち日本の衣服という意味である。この言葉は明治時代に、西洋の衣服すなわち「洋服」に対して「従来の日本の衣服」を表す語として生まれたレトロニムである。

服飾史学者の小池三枝によれば、着物は元来「着る物」という意味であり、単に「衣服」を意味する語であった。しかし幕末に洋服が移入して以降、「西洋服」・「洋服」と区別して、「従来の日本の衣服」を「日本服」・「和服」と呼ぶようになり、さらに「着物」の語にも置き換えられるようになった。時代が進み、日常生活で頻繁に洋服が用いられるようになると、「着物」から「着る物」という本来の意味は薄れていき、「和服」の意味が濃くなっていった。現代での「着物」という語は専ら「和服」を意味し、狭義には一定の形式の和服(着物と羽織という場合の着物、すなわち長着)を指す言葉に移りつつある。

日本で和服という言葉が生まれる明治時代よりもずっと前の16世紀の時点で、日本人が衣服のことを指して呼んだ着物 (kimono) が、現在で言う和服を表す語としてヨーロッパ人に知られるようになり、現在ではヨーロッパに限らず世界の多くの言語で日本で和服と呼んでいる物を kimono と呼んでいる。kimono は、日本の和服だけではなく、東アジア圏全般で見られる前合わせ式の服全般を指すこともある。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ウエディング

■宗教的な場で行われるもの
新郎新婦の双方もしくはいずれかが信者であって、宗教的な施設(教会堂、寺院、神社など)において、宗教的な権威を体現する人によって結婚を宣言してもらう形態。世界中で見られる形態。

■行政的な場で行われるもの
市庁舎で市長によって結婚の成立を宣言してもらうものなど(フランス、イタリアなどのヨーロッパ諸国やアメリカ合衆国で行われている民事婚)。フランスではmariage civilと呼び、米国ではcivil marriageと呼んでいる。

■家族の家で行われるもの
新郎新婦のいずれか(通常は新郎)の自宅や本家の屋敷などに親族や知人を招いて行われる。日本でもかつては極めて一般的な形式であったが、住宅事情の変化もあって、現在は一部の地方を除いてめったに行われることはない。

■商業的な施設で行われるもの
日本において、結婚式場で行われるものや、レストランなどで行う人前式、客船上のウェディングなど、バリエーションがある。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ウエディング

■宗教的な場で行われるもの
新郎新婦の双方もしくはいずれかが信者であって、宗教的な施設(教会堂、寺院、神社など)において、宗教的な権威を体現する人によって結婚を宣言してもらう形態。世界中で見られる形態。

■行政的な場で行われるもの
市庁舎で市長によって結婚の成立を宣言してもらうものなど(フランス、イタリアなどのヨーロッパ諸国やアメリカ合衆国で行われている民事婚)。フランスではmariage civilと呼び、米国ではcivil marriageと呼んでいる。

■家族の家で行われるもの
新郎新婦のいずれか(通常は新郎)の自宅や本家の屋敷などに親族や知人を招いて行われる。日本でもかつては極めて一般的な形式であったが、住宅事情の変化もあって、現在は一部の地方を除いてめったに行われることはない。

■商業的な施設で行われるもの
日本において、結婚式場で行われるものや、レストランなどで行う人前式、客船上のウェディングなど、バリエーションがある。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

ファッションブランド

ファッションにおけるブランドは、個性がより求められるため、他業界よりも差別化の価値が高いとされており、いわゆるブランド戦略が成り立ちやすい。高価格・高品質で、そのデザインやコンセプトが賞賛を浴びるプレステージブランドはその好例である。

またファッションでは商品の品質とは別に、「どこで買ったか」も重要な要素となる。そのため商品価格とブランド価値は必ずしも一致するとは限らない。例えば、質が同程度の商品がA店(低価格が売り)とB店(おしゃれなことで定評がある)で売っていれば、消費者は例え低所得層であってもB店を選ぶ傾向がある。「家電製品と衣類は違う」のである。結果として、品質が安物であっても宣伝などに成功すれば、人気が出て有名ブランドとなる事例もある(一例としてはターゲットとウォルマートがある)。

昨今のアパレル系企業においては、商業的な手法で次々とブランドを立ち上げ、売り上げ次第でいとも簡単にコンセプト変更・切り捨てが行われる手法が存在するのは、前述の事例とも無関係とはいえない。

ファストファッションブランドも含め、小売企業にとって東京・銀座に出店することは一つのステイタスであるともいわれる。

ブランドの人気度の指標として、紙袋も挙げられる。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

人気ブランド

人気とは世間の評判のことで、「人気ブランド」とは世間の評判の高いブランドのこと。

その一方、「人気のある高級ブランド」の意味で使われることがある。高級ブランドの多くは王族貴族など特権的地位にある人々が一品ものを高値で購入していたことからその価値が高まっていった。しかし、現代的な大衆化社会になるに従って、一般大衆に広く販売することが求められるようになってきた。大衆経済社会の波の下では従来の特権階級のためだけの存在であることは、企業存続できずに合併吸収されるか、あるいはブランドの死を意味することとなった。そのため、現代社会に生きながらえている「高級ブランド」という一群は、単に高級であるだけでなく、「広く大衆から高級であると認知されること」を自らが継続的に訴える努力をおこなうようになった。つまり、販売対象を実質的には大衆に拡大しながらも、貴族的価値観あるいは高額であることを納得させられるだけの理由など、「なぜ高級か」を説得するための価値観をブランドに込め、継続的に訴求するようになった。こうして大衆的な販売層に対して、高額商品でありながらも世間の憧れの的となりえたブランドも「人気高級ブランド」と呼ばれることがある。

人気ブランドとなったブランドはその大衆化や日常化のために陳腐化によるブランド価値の低下とのバランスをどのように図るかが課題となる。特に希少性を訴えるものであればあるほどそのバランスが難しい。そのため企業経営の安定を目的として、主要なブランド名とは異なるサブブランドあるいは別ブランドでの展開を含めた総合的な戦略が採られることも多い。ブランドは国を超えて売買されており、実態としてはブランドがある特定の国に従属するものではなくなってきているのもグローバル経済となった現代的な特徴である。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

セレブなエレブロガー

ラグジュアリーなファッション情報誌 25ans(ヴァンサンカン)で活動するセレブなエレブロガー(エレガントな女性たちによるブログ)たちによる情報配信は必見ですね。

とても美味しそうなフード(スイーツ・ドリンク)やお店(服・靴・鞄)、先取りした美容アイテムやグッズなどを垣間見るみることができますよ。

平日・休日の過ごし方、オンとオフでのライフスタイルも好ましい。

女子力をこえたセレブ力とでもいいましょうか。

エレガントな女性たちは、生活全てがラグジュアリーそのものです。

エレ女を目指したい方なら勉強になりますよ☆

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる

雑誌

日本初のセレブ雑誌は、海外セレブ・マガジンの『GOSSIPS』。2007年6月18日にトランスメディア社発行・オウトグラフ社編集で創刊され、毎月1万部の高ペースで部数を増やしている同誌は、海外セレブのゴシップ、ファッション、ビューティー、ライフスタイルなどを扱っている。これまでの映画誌とは違い、セレブの表の姿よりもプライベートでのゴシップやファッションなど裏の姿にフォーカスしている。また同誌は、海外セレブ・マガジンのパイオニアとして、テレビやラジオなど他のメディアに出演協力や情報提供を多数おこなっている。

ヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねるヴァンサンカン 2ちゃんねる